図解付きで迷わない!独自ドメインの取得方法と手順9ステップ

独自ドメイン,取得,ムームードメイン,図解,解説,迷わない

としみんです。

前回の記事で独自ドメインブログの重要性についてお話ししました。

前回の記事はこちら⇒長く安定して稼ぎたい!wordpress(独自ドメインブログ)を選ぶ本当の理由

 

今回は独自ドメインの取得手順を説明しますが、その前に

ドメインには新規と中古があるのをご存知でしょうか?

 

中古(オールド)ドメインには新規ドメインには無いメリットがありますが

決定的とも言えるデメリットも存在します。

 

新規と中古、どちらをメインとして選べばいいのか?を解説するとともに

独自ドメインの取得手順を図解で詳しく説明していきます。

 

オールドドメイン(中古ドメイン)とは?

契約更新されずに期限が切れたドメインのことです。

ただドメインそのものは残っているので新たに別の人が利用することができます。

 

中古ドメイン(オールドドメイン)のメリット

中古ドメインのメリット
  • ドメインパワーを引き継ぐことができる
  • 被リンクを引き継ぐことができる

期限が切れたドメインは通常、検索エンジンによって運用履歴や被リンクなどがリセットされます。

ただし、リセットされる前にドメインを契約することで、すでにそのドメインが持っている

ドメインエイジ(運用履歴や運用年数の評価)とバックリンク(被リンク)を引き継ぐことができます。

 

この運用履歴や被リンクといったドメインが持つ力のことをドメインパワーと言います。

中古ドメインを取得することで、何年もの運用実績があり、被リンクも数十本とあるドメインを

お金を出すだけでいきなり所有できる可能性があります。

 

で、このドメインパワーがあると何がいいのか?というと

新規ドメインよりも検索上位表示される可能性が高くなる、という点です。

 

検索結果で上位表示されることは売上に直結する重要な部分なため、その価値から

1ドメインだけで数万~1,000万円する価格で取引されているものもあります。( ̄◇ ̄;)スゴ~

 

それだけ人気がある中古ドメインですが、決していいことばかりじゃありません。

中古ドメイン(オールドドメイン)のデメリット

中古ドメインのデメリット
  • 悪い評価もそのまま受け継ぐことになる。
  • 見極めが難しい(ギャンブルになりやすい)

中古ドメインはドメインパワーをそのまま引き継ぐことができます。

ということは、ドメインが検索エンジンから悪い評価を受けていたらその悪い評価も引き継いでしまいます。

一応ですが、中古ドメインを取得するまえに、そのドメインがどのように運用されていたか?は

ドメイン提供会社によってある程度公開されていますが、それでも正確ではありません。

有料ツールなどを使って調べる方法もありますが、それでもあくまで「推測」にすぎません。

結局のところは、使ってみないと分からない、という運任せになります。

 

また、中古ドメインは数カ月でいきなり圏外に飛ぶこともあります。

これは価格に関係なく起きることです。

価格が高いからといって圏外に飛ばない保証なんてありません。

 

 

なぜこのような現象が起きるかというと、中古ドメインというのは本来リセットされるものだからです。

そのリセットを免れて運用している、ということは言ってしまえば検索エンジンを騙していることになります。

当然ですが、騙していることが発覚した場合はリセットされ圏外に飛ばされるわけです。

 

このように、オールドドメインにはメリットもありますが初心者にはオススメ出来ません。

取得したい中古ドメインが果たして本当に価格と質に見合うものがどうか、その見極めは上級者でもかなり難しいと言っていいほどです。

イチかバチかのギャンブルをやるのは賢い投資とは言えませんし、ビジネスではありません。

 

しっかり育てて長く運用していき、将来も安定して稼ぎ続けたいなら

メインブログは新規ドメインで作成しましょう。

 

それでは独自ドメインの取得手順を図解付きで解説していきます。

独自ドメインの取得手順

僕は主にムームードメインを使っているのでムームードメインでの独自ドメイン取得方法を解説します。

ムームードメインのページに行きます。こちら⇒ムームードメイン

 

ステップ1.あなたの好きな英数字を入力し検索

独自ドメイン,取得,ムームードメイン,ホームページ

 

試しにsaitouで検索してみます。

 

独自ドメイン,取得,ムームードメイン,検索結果

「取得できません」となっているのはすでに他の誰かが使用しているので使えません。

人気なのは.com .net .jp などですが、すでに使用されている場合は末尾に数字を足したり、他の英数字に変えるなどして探してみて下さい。

気に入ったものが見つかったら「カートに追加」ボタンをクリックします。

 

ステップ2.カートへ追加されるので「お申込みへ」をクリック

独自ドメイン,取得,ムームードメイン,カート画面

 

ステップ3.始めて利用する場合は「新規登録」をクリック

独自ドメイン,取得,ムームードメイン,新規登録

 

ステップ4.メールアドレスとパスワードを入力

独自ドメイン,取得,ムームードメイン,新規登録,ユーザー情報入力

ムームーID:今メールが届くメールアドレスを入力してください。

パスワード:お好きな英数字+記号で構いませんが、なるべく他人から推測されにくいものにして下さい。

なかなかパスワードの安全度が「高」にならない場合はこちらのサイトでパスワードを作成できますので利用してみて下さい。⇒パスワード生成

パスワード強度を「最強」にして「生成」ボタンをクリックするだけです。

パスワードは忘れないように紙でもメモ帳でもいいのであなたが分かるところへ保管するようにして下さい。

メールアドレスとパスワードの入力ができたら「内容確認へ」ボタンをクリックします。

 

ステップ5.入力した内容に間違いがなければ「ユーザー登録」ボタンをクリック

独自ドメイン,取得,ムームードメイン,ユーザー情報確認,登録

 

ステップ6.ドメイン設定に必要な情報を入力

独自ドメイン,取得,ムームードメイン,ドメイン設定,入力画面

Whois公開情報「弊社の情報を代理公開する」にして下さい。

これを忘れるとドメイン取得者の個人情報がネット上で公開されてしまいます。

個人情報はドメイン取得時に登録したものになるので、あなたの名前、住所、電話番号、メールアドレスなどを誰でも閲覧可能になります。
(Whois情報はDomaiToolsで調べれば一発で見ることができます)

「Whois情報公開代行」をしておけば、ドメインを取得した会社の情報があなたの個人情報の代わりに公開されます。

ムームードメインで取得すればWhoisで公開されるのはムームードメインの情報になります。

あなたの個人情報を守るためにもWhois公開情報は「代理公開」を選ぶようにして下さい。

 

ネームサーバ(DNS):「ムームーDNS」を選択してください。

ムームーメール契約:チェックしなくて構いません。のちのちメルマガスタンドを利用します。

ドメインの契約年数:とりあえず「1年」でいいです。

お支払い方法:クレジットカードが支払いは楽ですので、クレジットカードを持っていれば「クレジットカード」を選択してください。

クレジットカード情報:自己アフィリエイトで作ったカードがあればそれを使いましょう。必要な事項を入力します。

自動更新設定:契約年数が過ぎるときに自動更新するならチェックして下さい。

入力が済んだら「次のステップへ」ボタンをクリックします。

 

ステップ7.連携サービスの紹介

独自ドメイン,取得,ムームードメイン,サービス連携画面

連携サービスの紹介が出てきますがこれは後で設定しますので飛ばします。

「次のステップへ」をクリックして下さい。

 

ステップ8.契約内容の確認

独自ドメイン,取得,ムームードメイン,ドメイン設定,確認画面

契約内容に間違いが無ければ利用規約にチェックを入れて「取得する」をクリックして下さい。

 

ドメイン取得完了

独自ドメイン,取得,ムームードメイン,ドメイン取得,完了

 

こんな画面が出れば無事にドメインが取得できました。

 

ステップ9.メール認証を済ませる

独自ドメイン,取得,ムームードメイン,メール確認,メール認証

認証確認のメールが届きますのでメール内容を確認して認証をして下さい。

これを忘れちゃうとせっかく取ったドメインが無効になっちゃうかもです。

 

以上でムームードメインでの独自ドメイン取得は完了です。

お疲れ様でした。

 

まとめ

オールド(中古)ドメインのメリット・デメリットと独自ドメインの取得方法を解説しました。

中古ドメイン(オールドドメイン)はメリットとデメリットをしっかりと理解し

納得した上で利用する、しないを検討して下さい。

 

さて、これでインターネット上の住所を取得できましたが、肝心のネット上の土地がありません。

インターネット上の土地を借りるためにレンタルサーバーと契約し、独自ドメインを使えるようにしましょう。

といってもレンタルサーバーもたくさんあります。

どのサーバーのどんなプランを選べばいいのか、徹底比較しましたので参考にしてみて下さい。

次の記事はこちら
まだ迷ってる?低価格で高機能のレンタルサーバーを選ぶ7つのコツ

 

にほんブログ村 小遣いブログ スーパーアフィリエイターへ
独自ドメイン,取得,ムームードメイン,図解,解説,迷わない