【ハードル低い方が稼ぎやすい】は嘘!知っておきたいジャンル決めのコツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

前回の記事で心構えの大切さと最低でも3ヵ月間は全力でやる必要性を説明しました。

前の記事はこちら
3ヵ月後に圧倒的な差を生む「プロ意識」を今すぐ持つたった1つの方法

 

では、全力で3ヵ月間は頑張るとしても

いったい何をアフィリエイトすればいいのか?

そもそもどのジャンルで進んでいけばいいのか?

これが分からないことには手の付けようがありませんよね。

 

そこで今回は初心者向けに最適なジャンルの選び方を解説します。

 

3つの報酬タイプ別で見るメリット・デメリット

アフィリエイトで稼ぐ方法は大きく分けて3つあります。

・広告表示型

・広告クリック型

・成果報酬型

ではそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

 

広告表示型

メリット:報酬が発生するまでが圧倒的に早い

広告が表示されるだけで報酬が確定します。

僕が知る限り報酬発生までのハードルが一番低いのが

この広告表示型です。

 

デメリット:報酬単価が低すぎてまとまった額にはならない

広告1回表示で0.01円と報酬額が低すぎて

とてもじゃないですがメインの稼ぎ頭にはなりません。

月に10万回表示されても1000円にしかなりません。

 

月に10万回もページが表示されるようなブログを

いきなり初心者が目指すのはハードルが高すぎます。

 

ページを読んでもらう


つまりあなたのブログをクリックしてもらうには無数にあるブログの中から

検索ユーザーの興味を引き読んでみたいと思わせるテクニックやノウハウが必要になります。

 

いかに検索ユーザーの視線にとまるか?注意を引くか?クリックしてもらうか?

この部分は上級者でも日々悩み考え四苦八苦している部分です。

 

報酬発生の条件は確かに低いですが

実際に報酬を発生させるハードルは決して低いとは言えません。

 

広告クリック型

メリット:広告表示型よりは報酬単価が高い

広告1回クリックでだいたい1~20円の報酬額に設定されています。

商品が売れる売れない関係なく、広告をクリックしてもらうだけで報酬が発生します。

 

デメリット:お小遣い程度の稼ぎにしかならない

報酬単価が低いので、まとまった額を稼ぐことはできません。

月に2~3千円程度稼げればいいや、と思えるのであれば

選択肢としては”有り”になります。

 

ただ決して楽でも簡単でもありません。

 

世の中に無数にあるブログの中からあなたのブログを選ばせる技術

広告を思わずクリックしたいと思わせるテクニック、などなど。

 

クリックしてもらうだけのこと

 

これが意外とハードルが高いことに気付くと思います。

 

そこまでの労力をかけても月に稼げる額はほんのお小遣い程度にしかなりません。

これならバイトでもした方がはるかに早く確実に稼げます。

 

成果報酬型

メリット:月収100万円以上を狙える

商品が売れたら報酬を得られる仕組みとなっているかわりに

報酬額は高めに設定されています。

 

真剣に取り組めばアフィリエイト開始から数カ月で

給料と同じだけの額を稼ぐことも可能です。

 

月に100万円以上を稼ぐアフィリエイターは

かならずと言っていいほど成果報酬型を選んでいます。

 

デメリット:報酬発生まで時間がかかる

商品に興味を持たせ、購入したいと思わせるために

様々なテクニックやノウハウを駆使しないといけません。

 

そのためあなたが知識やスキルを身につけ

ブログに反映するまでの時間がどうしてもかかります。

 

しかし、労力に対して最大の効果を得られるのは

成果報酬型しか存在しません。

 

給料以上、いや月収100万円以上を狙えるのは

成果報酬型だけしか選択肢がありません。

 

未来を変えたい

脱サラしたい

 

その願いを叶えたいなら成果報酬型一択です。

 

物販はオススメしない

成果報酬型には大きく分けて2種類あります。

・物販

・情報商材

この2つですが物販はオススメできません。

 

物販とは?

世の中に形として存在する物を販売することです。


分かりやすく言うとお取り寄せグルメなどの食料品や

シャツやズボンといった衣料品に

車や土地といった実際に手に取って触れることができる商品を販売することです。

 

物販の致命的な弱点とは?

報酬率が低い

物販の報酬額は商品金額の1%がほとんどです。

1万円の商品でもあなたが得られる報酬はたった100円しかありません。

 

承認率が低い

承認率とは、成果に対して報酬が支払われる割合のことです。


例えばあなたの紹介で200個購入されたとしても

承認率が70%なら、あなたの成果は140個にしかなりません。

 

例として70%という数字を出しましたが現実はもっと低いです。

僕が実際に検証した結果、承認率は平均して50%くらいにまで落ちます。

 

承認率が50%ということは、200個売っても100個分の報酬しか貰えないってことです。

本来なら200個×100円=2万円が報酬となるはずが100個×100円=1万円と半分になるわけです。


給料50%カットと言えば分かりやすいでしょうか。

これはさすがにキツイとしか言いようがありません。

 

報酬率が低い

承認率が低い

 

この2つが物販の致命的な弱点であり

多くの挫折者を出す原因でもあります。

 

情報商材は報酬率が50%+承認率100%が基本

情報商材は、物販と違って世の中に形として存在しない電子データを扱います。

PDF、音声、動画やツールが多いですね。


その中身は?というと

・アフィリエイトや転売などのビジネス・起業ノウハウ・テクニック

・為替や株、仮想通貨などの投資ノウハウ・テクニック

・ペットのしつけや睡眠改善などの生活の悩み解決ノウハウ・テクニック

・ダイエットやバストアップなどの美容・健康ノウハウ・テクニック

・恋愛や結婚などのノウハウ・テクニック

・パチンコや競馬などギャンブルのノウハウ・テクニック

・ホームページ作成やワードプレステンプレートなどのツール

 

ちょっと例を挙げるだけでもこれだけありますが

もっともっと様々なジャンルで幅広い商材が揃っています。

 

情報商材の報酬率は商品金額の50%が基本

情報商材は報酬率が抜群に高い(50%)です。

単純に物販の1%に対して50倍の報酬率とこれだけでも魅力的ですね。

 

なぜ報酬率が高いのか?というと

形が無いので在庫を抱えることもないし

販売経路にかかるコストもありません。

 

電子データなので制作や製造にかかるコストも無いといっていいです。


販売に関わる中間コストが極端に少ないため

報酬率を高く設定できる仕組みなわけです。

 

承認率は圧巻の100%

承認率は100%が基本です。

なので200個売れば200個分の報酬を受け取れます。

 

しかも成果承認されるまでの時間も短いので

購入されたのにいつまで経っても報酬にならない~ってことも無いです。


物販では成果承認されるまで6ヵ月とか待たされることもありますからね。
(その時は年会費有りのクレジットカードでした)

 

同じ仕事量で給料が100倍になったら・・・

物販と情報商材で同じ金額の商品を紹介した場合の報酬額を比較してみましょう。


同じ1万円の商品を紹介して、あなたから200個購入してもらえた場合

 

物販:報酬率1%、承認率50%

1万円×0.01×200×0.5=1万円

 

情報商材:報酬率50%、承認率100%

1万円×0.5×200×1.0=100万円

 

その差はなんと100倍にもなります。


同じ時間と労力をかけるなら

情報商材の方が圧倒的に有利なのがわかりますよね。

 

どのタイプを選ぶかはあなたの自由

報酬別タイプでそれぞれのメリット・デメリットを解説しました。


どのタイプを選ぶかはあなたの自由です。


僕の説明が本当かな?嘘くさいな?と思うならネットで検索してさらに情報を集めてみて下さい。


実際にやるのはあなたですから、しっかり納得してからじゃないと

迷いが出てしまい、全力で取り組むことはできませんから。

 

ただ1つ覚えていてほしいのは

どのタイプを選んだとしても最終的なハードルの高さは情報商材アフィリエイトと変わりません。

 

広告表示型も広告クリック型も成果報酬型も


・あなたのブログを選んでもらう

・商品に興味・関心を持ってもらう

・購入するために広告をクリックしてもらう

 

この3点をクリアーしないことには報酬に繋がりません。


超えなければならない壁の高さが同じなら

報酬額の高い情報商材アフィリエイトを選ぶのが賢い選択になることは

頭のいいあなたなら十分に理解できているはずです。

 

この先はどう進めればいいのか

さて、これでどのジャンルに進めばいいのか?は決まりましたね。

では、ここから先はどのように進んでいけばいいのでしょうか?


実は、これから先は2つの道しかありません。


どちらの道を選んでもそれぞれメリット・デメリットがあります。

ただし、どちらを選ぶかであなたの未来が大きく左右されることは

間違いないとだけ言っておきます。


というわけで次回の記事はこちら
【自力VS教材+サポート】未来を左右する2つの道のメリット・デメリット

 

ブログランキング・にほんブログ村へ